ゆるまる〜ゆるっとまるっと〜

好きって気持ちでいっぱいです。

私なりの、「untitled」。-②-

ARASHI LIVE TOUR 2017-2018 「untitled」

いよいよ東京が始まりましたね〜!ぱちぱちぱち!!
どんなライブにしてくれるか、楽しみですね〜!!!いえ〜い!!!




って、下書きには書かれてたんです!!!(言い訳)

札幌終わったくらいに出すつもりだったのに!東京までには出すつもりだったのに!
気づけば福岡も終わってたわ!!!びっくりだわ!!!

はい。というわけで、続きを書きます。

ちょこちょこっと「untitled」感想〜!!

......................................................

5.Power of the Paradise

感動と勇気を与えたリオ五輪のテーマソング、ぱわぱら〜!!!
橋の上で撮ったMVがめっちゃスキ〜!!!

(.゚ー゚)俺がいちばん最初に座った
(´・∀・`)いや俺がいちばん最初に座った
ノノ`∀´ル誰かほかの人が既に座ってるでしょ
っていうやり取りのあるメイキングはもっとスキ〜!!!

開催地がリオだったからか、ちょっとサンバっぽい感じがしたり、でもBメロには「ニッポン!チャチャチャ!」のリズムが入ってたり...と意外と遊び心があるな〜って、聞いてて思いました(小並感)

個人的なぱわぱら注目ポイントは歌詞ですね☆*゚
特に推してる歌詞はうるさいほどの静寂は誰も入り込めはしないよです。
オノマトペの1種で静かなことを表す『シーン...』って言葉があると思うんですけど、これって日本人独特の感性だと思うんですよね。
だって静かなのに音があるんだよ?めっちゃ不思議じゃん?
ってことで、ここの歌詞もそういう類なのかなと思ったりしてます。
集中してる時って周りの音が聞こえなくなって、自分の中で『静寂』が生まれるっていう感覚に陥るかなって思うんですけど、この歌詞はこの様子を表しているのかな〜とも考えました。
アスリートの心情だったり、これまで歩んできた道だったり、これから獲るべき未来だったりを上手く言葉に変えてる曲だなって聞くたびに感心してます。ほんとに言葉選びが素敵。


あと...振り付けも注目ポイントですかね☆*゚

私、馬跳び出来ないんです。(知らんがな©加藤シゲアキ

だからイントロの櫻葉馬跳びを見るたびに「うわー、嵐ってやっぱすげー」と思ってしまうんですよねえ☆*゚
あと、円になって周りながら踊るあのCメロ。
とにかく可愛い。5人が輪になって踊るってめちゃくちゃ可愛い。
大野くんのフェイク中にステップを踏む潤くんに「ステップが可愛いで賞」を授与したいです。

この際ネーミングセンスは無視で!!!


6.ありのままで

ピアノのイントロ可愛い〜!!!ちょっとクラップ音とか聞こえてどこか洋楽っぽい〜!!そして翔くんの入り可愛い〜!!!その後を引き継ぐ潤くんめっちゃ可愛い〜!!!これ可愛い〜!!!(語彙力)

一言で言うなら、頑張る全ての人に向けた応援歌って感じですかね。
嵐の応援歌の特徴として、常に寄り添ってくれるイメージを持たせてくれるんだよね。

例えば、いつも通りの君でいい*1とか、いつも俺らついてんぞ!*2とか、気分は最高!僕らは無敵だ!*3とか。
私たちを鼓舞してくれるだけじゃなくて、そばに寄り添って、一緒に頑張ろうって支えてくれる感じ。

そんな嵐的応援歌の真骨頂とも言えるのが、このありのままでじゃないかなあって思います。

翔くんに少しくらいラフに行こうって言われたり、潤くんに知らない空 覗きに行こうって言われたら、多分私、安易に泣いちゃうと思う。

相葉くんの転んではまた立ち上がれを聞くたびにあと10回は立ち直れるなって思うし、ニノの1歩進んで2歩下がる スローペースでいいさを聞くたびによーし、自分の中ペースで行くぞ〜って踏ん張れる気がする。

智くんの勝ち負けにこだわるだけの毎日に嫌気がさしてに至っては智くんが生きてきた道をそのまま歌ってるみたいな気分になっちゃって、そうだよね、人は人自分は自分よね、とか思っちゃう。

とにかく、この曲には優しい言葉がたくさん詰まってるな、と感じました。

あ、最後にこれだけ言いたい。
この曲、歌割りが神。(大声)
私の耳が間違ってるかもしれないんで、訂正あったらバンバン教えて欲しいんですけど、

1番Aメロ
◎翔くん主メロ智くんハモ
◎潤くん主メロ相葉くんハモ
2番Aメロ
◎智くん主メロ翔くんハモ
◎相葉くん主メロ潤くんハモ

って山と泣き虫が交互に歌いあってると思ってる。
ただ、智くんにめちゃくちゃニノみを感じる時があって。
あれ?これニノ?みたいな時がたびたびある。大宮は声が似すぎなんだよ。そんなとこも好きだよ。(結局)

ってことで、あと30回くらい聞いても楽しめるね!その度に心は救われるし!ありのままで最高!はい!おわり!


7.風雲

これ、嵐っぽくて嵐らしくないロックテイストなポップチューンだよね。あ、カタカナ並べましたけど、使い方あってるかは知りません。あくまでもニュアンスで。

最初聞いた時、 何度だってとかRock tonightっぽいなって思ったんですけど、これもやっぱ Power of the Paradise、ありのままでに続いて応援ソングって感じがしますね。

ただ、『自分自身を奮い立たせている内容』ってところは、前の2曲と違う点かなって思います。

Power of the Paradiseはリスナーの背中を押してくれる応援ソング、 ありのままではリスナーの心に寄り添ってくれる応援ソングってイメージなんですけど、 風雲は歌ってる嵐自身を励まして追い込む『自らへの』応援ソングってイメージが強いです。

だからこそ、放たれる歌声は力強いものになるし、めちゃくちゃ熱い何かを感じるし、リスナーも励まされる内容なんじゃないかなって。

智くんのしょうがない Ah,everybody 本気出す時間だ もういいかい?行くぜって歌詞がめちゃくちゃ心に刺さった。

やっぱ嵐も色んなものを意識して、まだまだ上を狙ってんだな、って鳥肌たった。
「未完」は虎視眈々と狙う感じだったけど、 風雲は真正面からぶつかる感じなのかなぁ...カッコよすぎる...ふぅ...(呼吸を整える絵文字)

私的この曲のベストフレーズが開始5秒で流れるCome on everyone
突き抜けて Come on everyone Come on
ってとこなんですけど、
思わずclapしてしまいそうなノリで、すごく好き。めっちゃ好き。
ギターの音も相まって非常にかっこいいポイントだな〜と。

あとねあとね、右手で拳を作って
へいへいれっつごー!!!
って腕を高くあげながら言いたい。(シチュエーション細か)

......................................................


というわけで、Power of the Paradiseから始まるこのブロックは『応援ソング』というくくりなのかな〜って思いました!

いろんな形の応援ソングが嵐にはあるんだね...応援ソングの数だけ嵐はみんなを応援してきて、嵐自身を応援してきたってことなんだね...そしてこれからも応援し続けると...はぁ...(感傷に浸り涙)

私自身も嵐の歌に救われた1人だし、きっと今のこの瞬間にも、日本中のどこかで、嵐の歌に救われてる人がいるんだろうな〜...と、しみじみ。

歌の力って、すごいな。


と、某音楽番組のキャッチコピーみたいになったところで②はおわり!!!③に続く!!!

*1:ファイトソング

*2:Bolero!

*3:エナジーソング〜絶好調超!!!!!〜

私なりの、「untitled」。-①-

ARASHI LIVE TOUR 2017-2018 「untitled」

そろそろ始まるよ〜!!!!!ぱちぱちぱち!!!

なるほどな〜、正直、名前が発表された時は「何これかっこよすぎじゃん?」って戸惑いが大きかったけど、改めてアルバムのジャケットとか見てみると「何これかっこよすぎじゃん?」って惚れ直すしかないよね〜!!!(※何も変わってません)

発売から1ヶ月ほど経った11月17日、いよいよ札幌からライブツアーが始まるということで、収録曲の感想をちょこちょこっと書いていきます〜!今更なんだけどね!!!

......................................................

1.Green Light

じわじわ高揚感を感じられるEDMサウンドから始まるこの曲。アルバムの1曲目ってすごい重要だと思ってるんですけど、これは見事に我々のハートを鷲掴んでいくタイプのイントロで。
シンセサイザーっていうの?この電子的な音が直接脳内にぶち込まれる感じで一気にぐいっとアルバムの世界観に引き込まれたっていうか。

これから何が起こるんだろう、これから何を見せてくれるんだろう。
そんなワクワクした感情を持たせてくれる曲だなっていう印象が強いかな。

題名は私的超訳をすると「青信号」。要するに、突き進めっていう意味があるかなと。うわ〜、もう既にワクワクが止まらない!!!

もちろん、歌詞にもワクワクさせてくれるスイッチはあって。

Can't stop feelingとか迷いはいらないとかついてこれるかなBig boys?とか

「俺らについてこいよ!離されずに、しっかりついてこい!! 」って印象を与える歌詞が散らばってるところが1曲目らしいな〜!!!って感心したわ。まじで嵐すごい。

ライブの時の話なんだけど、嵐ってば1曲目からボルテージガン上げで乗り遅れるファンが少なからずいると思うんだよね。
えっ、ちょっと待って、置いてかれた
みたいな。
まあ私のことなんですけど。(心の準備に時間がかかるタイプのオタク)

オープニングの映像に目を奪われてたら本人達登場でぎゃー!嵐ー!!って見とれてる間に、あれ2、3曲進んでるな??これ時空歪んだな??ってなる。よくなる。(学習能力が無いタイプのオタク)

で、この曲のイントロ聴いた時に、ぎゃー!かっこいいー!!嵐くるー!!!嵐きたー!!!ってライブ1曲目と同じような感覚に陥ったんだけど、Aメロ入る前のエフェクトと、入ってすぐの相葉くんの声できちんと迎えにきてもらいました。ありがとう相葉くん。(謎)

一緒に手を取り合って、「untitled」っていう世界を覗きに連れていってくれる雰囲気。

この曲の印象がアルバムの全体の印象を決めるって言っても過言じゃないくらい重要なGreen Lightが良曲なんだから、「untitled」が俄然楽しみになってくるよね〜!!!!!


2.つなぐ

あっれ、なるほど、ここで来たか、忍びの国の主題歌。
シングル発売順だと最新寄りなんですけど、最新寄りだからこそ、耳馴染みのある曲で、アルバムへの導入2曲目にふさわしいのかな〜と思っちゃったり、思っちゃわなかったり。

皆さん観ました?忍びの国
私は結局観れたんですけど、クライマックスのシーンで涙が止まりませんでした。原作読んで号泣、映画観て号泣。

歳をとるとすぐ泣けるね!(早いわ)

人ではないと恐れられた伊賀最恐の忍者、無門が唯一人としてこの世界に存在することの出来た相手、お国。
この2人の織り成すテンポ良い会話がたまらなく好きでして!!!

無門も結局は私たちと変わらない人なんだよな〜と思うことがしばしば。
身体や見かけ上の年齢は大人なんだけど、子どものうちに埋めておくべきだったパズルのピースみたいなものを無門は埋めないまま生きてきちゃったんだよね。
だから、常人離れしてるんだってキャラクター設定を周りの人からされて、自分もそうなんだって無意識のうちに決めつけてた、みたいな。(無門は自分のことを伊賀で1番の忍者だって自負してたし。)
でも、ひょんなことから出会ったお国が、そのピースを少しずつ埋めていってあげたんだと思う。人を想う気持ちとか、誰かを愛する気持ちとか。

お国の石原さとみちゃんもめっちゃ良かったな〜!
武士の娘だからか、曲がったことが嫌いで、真っ直ぐで自分に素直な気質が、子どものまま育ってきた無門にはあっていたんだろうな。
無門は自分の名前も母親の顔も知らなかっただろうから、そういう心の隙間を愛で埋めてあげられる存在がお国だったんだろうな。

は〜!!!泣けるね〜!!!

と、まあここまで全部映画の感想なんですけども。笑。

曲の感想としては、初っ端から溢れる忍者感がすごい。ジャンジャンジャンジャン鳴ってる三味線とか、てーんてーんてててんみたいな音楽とかがもう忍者。アメイジングジャパニーズニンジャ的な。

ってな感じで無門様が思い出される&語彙力が無くなる曲です(><)(終わり)(もっとちゃんとした感想書けよ)

曲も振り付けも個性的ながら、不器用で真っ直ぐな愛を持った男の歌うラブソングってとこがたまらなく無門様ですよね〜☆*゚

はい、ってことでつなぐに関してはこちらをどうぞ▷『つなぐ』で気づく、智のセンス。 - ゆるまる〜ゆるっとまるっと〜


3.「未完」

この曲を初めて聴いたのがベイストだったんだけど、イントロとサビは繋がるのにAメロと感想が全然繋がらなくて、最初すっごい戸惑ったのを覚えてるわ...

ん?何この歌?どういう作り?って。

一言で言うなら、設計図が見えない感じ。
このイントロからそのAメロに入るの?は?どうやってんの?みたいな。わかる?(わかんない)

耳でただ聴いただけじゃわかんなかったけど、歌詞読んだらCOOL&SOULばりのイケイケ嵐を感じてびっくりした!!!

あの頃は若さ故のイケイケ具合というか、誰にも追いつかせないし、誰にも追わせないぜ?俺らがパイオニアだぜ?って感じで誰か相手を意識したイケイケ具合だったんだけど、

今回のやつはきちんと大人になってて、追ってきてる奴なんて気にしない、自分たちの置かれている状況を俯瞰した上で、前だけを見て突き進んでいくっていう決意表明的なイケイケ具合を感じたんだよね。

とりあえず、嵐かっけえ。

日本のトップアイドルって言われて、経済効果抜群って言われて、今や知らない人はいない、そんな絶対的な存在になりつつあるのに、まだ本人達は「未完成」だって言って、目指すべき先へ私たちを連れていってくれようとしてるなんて...

もうかっこよすぎて死ぬまで付いていきます!!!!!ってなるよね〜!(重い)

ほんまにかっこいい。そして、サクラップがやばい。やばい。(大事なことなので2回言いました)

"僕らが拓いていく時代"なんてあの頃はいきがり
これ絶対COOL&SOUL意識してるでしょ。いや、COOL&SOULに限らず、若かった頃のイケイケな感じの「嵐」を意識してるでしょ。

いま、夢の先の未来
ファイトソングに、「まだやれるその先の夢(さき)」って歌詞があるんですけど。
それを踏まえると、10年前に思い描いていた夢(さき)よりも、先の未来を見据えてるってことになるなって。

なんて、深読みしすぎかもしれないけど、翔くんの書くラップはところどころ繋がってるフレーズがあるから読んでて楽しいよね(><)ほんと頭良すぎ(><)好き(><)

と、ここまで書いてて気づいたけど、COOL&SOULに未完の大器を再起動って歌詞があったな〜と、ふと。

06年に再起動した大器は17年の今、まだ未完成のままだけど、少しずつ完成に近づいていってるのかな、なんて。

あらあら、私ったらまた根拠の無い深読みしちゃって(><)

今回のリード曲にふさわしい、かっこいい曲なんじゃないかな☆*゚誰目線だよってなるけど☆*゚


4.Sugar

このアルバムに関してはPrayをゴリ押ししていきたいんですけど、たまに(ってか6割くらい)Sugarに浮気してます。

だって歌詞の世界観が私好みすぎてまじで好き。
嵐はやっぱり女性に弄ばれてナンボよね〜☆*゚とか思っちゃう。(おい)

最近のBangBangとかUnder the radarとかっていうオトナソングは嵐が女性を翻弄して、「ほら、ここで一夜を過ごさない?」って誘ってきてる感じだけど、
昔の歌は、歳上の女性への恋心が重すぎるほどの愛へと変わって、結局女性に振り回されてる感じじゃん?

その感じがたまらなく好きなんですよ〜!!!女性に振り回されてる嵐がいっちばん好きかも〜!!!
しかも振り回されてる自分に気づいていながら翻弄されていく感じがね〜!!!スッキ〜!!!!!♡(私、変なとこにツボがあるみたいです。)

ってことで収まりきらなさそうなんでSugarに関してはコレ読んでください▷だから好きすぎるSugar - ゆるまる〜ゆるっとまるっと〜

はい、Sugarの話おわり!!!(雑)

......................................................

あの。

ここまで読んでもらってすごく嬉しくて。

薄々気づかれてるかなとも思うんですけど。

4曲目まで書いて、この文量です。

1つの記事じゃ収まんねえ(頭抱え)

おかしいな〜、サクサクッと感想書いて、「あー、ライブ楽しみだな!」的な文章で締めくくる予定だったんだけどな〜

知らん間にこんな量書いてしまっていた。笑。

消せるところはある程度消して読みやすいようにした部分はあるものの、こんな感じ。あはは。(笑えない)

んで、どこで一旦ストップしようか悩んだ結果、ここになりました!

完全に個人的な意見なんですけど、今回のアルバムは、収録されてるシングル3曲毎にテーマがある気がしてます。

今回の第1部はつなぐから始まるんですけど(GreenLightは導入曲としてノーカウント)、「untitled」っていうアルバムの印象を濃くつけるための3曲で、第1部だったのかなって。

5曲目のPower of the Paradiseからは、また別のイメージを受けていまして。
8曲目のI'll be thereからもまた違った世界観の曲たちが展開されているのではないかと。

そして、光〜彼方へ〜Song for youと大作に続いていくんじゃないかなと。

まあ、あくまでも個人的な意見なんですけどね!!

ってことでまだまだ続きます〜!!!

長い目で見て頂きたいです〜!!!

現代版『徒然草』

今週のお題「私がブログを書きたくなるとき」

単刀直入に答えると、

「ある案件について熱量が収まらなくなり衝動的に書きたい!と思った時」

です。

曲に関する記事にしても、しょーもない話の記事にしてもなんですけど、

「うわー!胸熱!書きたい!」

って思った時に大体書いてます。

で、書ききれなくて途中で熱が冷める。

で、下書きが溜まっていく。

で、消化しきれないまま次の記事書いちゃう。


悪循環\(^^)/(おい)


1つの記事に時間かけすぎるのがダメだと思うんですけどね〜、短時間で書ききれない。

逆にみんな何時間くらいかけてその記事書いてんの?って聞きたい。逆に。

寝る直前の短い時間に書く事が多いんで(なんなら今もそんな感じで書いてる)、ちまちまダラダラ長々と時間をかけるんだと思います。

まあ、このスタイルを変える予定は今のところ無いですが☆~(ゝ。∂)


自分がブログを書くようになって、他の方が書かれてるブログとかも読むようになったんですけど、

中にはカリスマ性だけで書いてる人とかいて。

あ、その人、増田貴久って言うんですけど。(私あるある:何かと押し付けがましい)

カリスマ性だけってどういうことかと言うと、
私たち一般人ならTwitterでさらっと呟くようなことを「会員限定ブログ」という場所で書いてるんですよね。

でもね〜、そんな所がもう愛しい。
わざわざ文章にして私たちに伝えてくれるなんて、あら可愛い。はい好き。
っていうチョロヲタが私です。(小声)

(私のお気に入りは「増田貴久の寝起き」)


でも多分本来のブログってそういう自分の好きなことを話す場であって、誰かのために記事を書いてる場ではないと思ってて。

情報化社会となった今は『情報を制するものが世界を制する』、みたいな風潮になりがちで、実際に読んでタメになるブログの方が世間からの受けとかはいいと思うんですけど、

別に自分の書きたいことをつらつらと、でも全世界に発信するブログがあってもいいんじゃないかなーって。

もちろん、読んでタメになるブログは大歓迎の上で、ですよ!

シゲのクラウドとかは読んでて楽しいし、あれは自己発信のブログというよりも近況報告みたいな感じがしてほんとに楽しいし、考えさせられる時もあるし、とりあえずシゲは顔がいい。かっこいい。好き。(途中で話題変更ー!)


ま、要点をまとめると、熱量と衝動だけでブログ書くとこうなるから皆も気をつけてねっつーことです。


最後に。
多分明日の朝この中身を見て頭を抱えるであろう私へ。

今は後悔してないぞ!!

むしろ書けてスッキリした気持ちで眠りにつくからな!!!

以上!!!!!

だから好きすぎるSugar

「untitled」が届いてから早1週間。

聞きまくってるけど全然飽きないな〜!!!(コスパのいいヲタク)

いやね、去年のAreYouHappy?に引き続き、枠というか、テーマが大きいじゃないっすか。

私は作り込まれてる世界観を持ったアルバムが大好きマンなんで、THE DIGITALIANとか、Japonismとかが好みなんすよ。

それに比べてAreYouHappy?は、結構アバウトでざっくりしたテーマだったんで、ハマんないかな〜とか思いつつ、 がっつりハマったんですけど(結局ハマってんのかい)、

今回もまさにそれだね!!!!!

「untitled」ってもはや枠が無いようなもんだし。まあ、だからこそ色んな曲を入れても不自然ならず違和感なく1つのまとまりとして素敵なアルバムに仕上がったんだろうなって思うんだけど、

今回も名曲生み出してますよねえ〜、嵐の皆さん。

私事なんですけど、アルバム届いたら大体収録1曲目にめちゃくちゃハマりこんで、その後にリード曲をリピートしまくるっていう無限ループに入るんですよ。

心を掴まれた1曲目から抜け出せなくて、なかなかアルバムを通して聞けないっていう謎の癖。

なんですけど、「untitled」は違って。

1曲目のGreenLightもめちゃくちゃ好きなんですけど、 Sugarがそれを上回ってる!!!!!

Sugarめちゃくちゃ良曲じゃん!?!?
再生回数、Sugarだけ上がりまくりなんだけど!?!?

アンケートとってもぶっちぎりで1位だったし、この気持ちはきっと多くの皆さんに共感していただけるのでは無いのでしょうか(*´`)

って気持ちでSugarの好きなところを思い浮かべてみました(*´`)




まずね、あのズンズンズン...ってイントロがもうドキドキ感をあげてくれるし、Hey yeah... My Sugarって相葉くんが歌うのズルいと思いませんか?(BGM:ズルい女/シャ乱Q

ちょっと前の明るめ茶髪ふわふわ相葉くんがMy Sugarって言っても「砂糖みたいに甘いキミがスキ〜!!」みたいな 天使の戯れ言だと思えるんですけど、これ収録した時ってもしかしなくても黒髪かっちり御前ビジュでしょ???


途端に色気が放たれるんですけど!?!?


これをライブで、汗だくの、全体的に濡れた感じの、色気ムンムン御前ビジュの、爆イケモード全開な相葉くんが、ヘッドセットのマイク押さえ気味で、Hey yeah...My Sugarって言うんですか???そうなんですか???(※妄想です)


しかも、その後に入る松本潤が相変わらずかっこよくて、このままじゃ心臓が足りないんですけど(`_´)!!!

Put it down on meって、嵐唯一のラブコンテンツ松本が言うもんだからみんな萌えるしかないじゃんか(`_´)!!!

そんなセリフをその低音で響かせるの反則(`_´)!!!好き(`_´)!!!

相葉くんの色気爆発させたあとのラブコンテンツ松本が本領発揮するからファンはヒイヒイ言うしかないね!


と、まあ、この曲始まってまだ10秒くらいしか経ってないんですけど、この興奮ってことは Sugar神曲確定ですよね☆*゚



で!!!
素気ない言葉と裏腹のKissにきっと深い意味はないの二宮が神ってるんですけどどうすればいいですか!?!?
なあああ〜あいって歌い方ね!!! めっちゃツボです!!!好きです!!!

ほんとこういうとこ歌わせたら上手いよね、ニノってね(私誰)
ビブラートとはまた違った感じ??めっちゃ好きなんですけど。 めっちゃ好みなんですけど!!!(大声)

加えて、2番のこのパートうちの潤ちゃんが歌ってるやん...さあああ〜ぃんって歌ってるやん...なにこれ私得...末っ子の2人ありがとう...(末っ子を拝み倒す絵文字)

あと、二宮・10の声を持つ男・和也の魅力ポイントは1番サビ前のThere's nothing I can doってとこっすね。
今日明日でもだったんですけど、囁くか、囁かないか、いやこれは囁いてるの分野に入るんじゃ...?いやいやこれはまだ歌ってるに入るだろみたいな自問自答を繰り返す感じの歌い方が大好きなんですよね(伝われ)

多分このパート、目を細めて歌った後にあの二宮スマイル(かっこつけながら微笑むアレ)を繰り出すのであろうと予想しております。スキ!!



翔くんの伸びやかな声ゴリ押し芸人としては、Only lonely Loveってとこ、聞き逃せないっすよね。翔くんったら、あの帝王ボイスを繰り出すのかと思わせておきながらの甘い声なんだから、 もしかして翔くんがMySugar???

ちょっと話ずれるんですけど、翔くんの甘い歌声がめっちゃくっちゃ大好きなんですよ。 このままもっととかやばない?(みんな知ってるわ)

話戻します。

刺すようなPrivate eyes それさえもFeel so niceって、あれ、あの帝王がもしかして女性に翻弄されてます...?って妄想掻き立てられる〜!!!ひえ〜!!!このパートは完全にかっこいい方の櫻井翔が歌ってるのに歌詞の中身は女性の方がリードしてる〜!!! うわ〜!!! めっちゃうわ〜!!!!!(熱量だけで語るとひどい)

とにもかくにも翔くんは低音帝王ボイスから低音甘々ボイスまで繰り出せるスペシャル低音ボーイってことが分かるよね☆*゚はぁ〜最高☆*゚(自己完結)



そして智くんの声はいつ聞いても透き通ってて耳障りが良くてホントに好きですね(><)
ただ、この曲での智パートの振り幅に衝撃を受けています(><)
1番の君の渦飲み込まれてるPrisoner...ってめっちゃ綺麗な声してんなあー! これぞ智ー!みたいな歌い方してんのに、
2番でSo gimme one more kissって 突然オスが表れるのやばくない???
しかもサビの主メロって智くんでしょ?あのオス智から甘智になるんでしょ?

...無理(他界)

そんなとこがギャップ王子って呼ばれる所以だよね、語彙力削ぎ取られるもんね、無理好きってなるもんね、自然の摂理だよね。



ギャップ王子といえば、この曲での私的MVPを勝ち取った相葉雅紀氏もいるんですけど、「いつかは2人も星屑になるの」って女性側のセリフを歌わせた方に菓子折持っていきたい。
相葉くんの高い声めっちゃすき。ファルセットだっけ?めっちゃすき。
しかもそのあとにニノがそんな駆け引きは月と太陽に預けてって歌うから、あれこれにのあいソング?UBってやつ?とか安易に思っちゃう。 あ、腐ってはいません。



潤くんはね...今回もハモりが綺麗に出来ましたね...よしよし...
さっきも読んだと思うんですけど、
Put it down on meって低音で歌うのめちゃ卑怯だなって思ったし、さあああ〜ぃんって歌うのめちゃ卑怯だなって思ったし、とにかくこの曲において潤くんは全部卑怯なんですけど(卑怯=私が惚れる)、

Cメロのそう分かってるのは(潤) もうすぐ今日が(智)終わるってことだけさ(智メロ潤ハモ)が めっっっちゃくっっっちゃスッッッキ!!!!!!(大声)

これぞ智潤!!!智と潤のハモりが魅力的なのはここに全部詰まってる!!!!!
智くんの声の伸びやかさはそのままに潤くんの甘い声が下から押し上げる感じが!! たまらなく!!!スキ!!!!!
お互いにお互いの声を邪魔せずに、相乗効果でむしろ単体の声よりも綺麗に聞こえる感じが はぁ〜智潤が智潤の全て、みたいに感じるんだよね〜、はいはい、 尊い尊い(投げた)



と、ここまでズラーっと文字を並べてみたけど、やっぱりSugarってめっちゃ良曲で私ごときの語彙力じゃ100分の1も魅力が伝わんないわ!!!だめだわ!!!

大人っぽい歌詞なのに、歌詞の中身は女性に翻弄されてて、ちょっと昔の嵐の曲を彷彿とさせる感じがも〜たまらない。昔の曲が大好物な私にはたまらない。コイゴコロとかJAMとかに近い雰囲気漂ってるかなと。

音楽知識皆無な私が言うのもあれなんですけど、ジェットコースターに乗ってるみたいに、ドキドキ感というか高揚感を徐々にあげていってサビで爆発させる感じの曲調が今風にアレンジされてて、若い世代のファンの心も掴んでるんじゃないかなと。

歌詞で昔の曲を知ってるファンを、曲調で年齢層低めのファンを、どの世代でも心をがっつり掴むように仕組んできた嵐はさすがだなと。

そして、私はそんな嵐が好きだなと。

結成19周年?デビュー20年目?を目前にして、ここまで手堅く攻めてくるか嵐!!!

と改めて感じさせられた曲だな〜って思います(><)(><)(><)

って、こんなに書いてたらライブでのパフォーマンスがめちゃくちゃ楽しみになってきた〜(><)(><)(><)

「untitled」で1番好きなのは Prayなんですけどね〜(><)(><)(><)(え)

『無題』。

まずは翔潤ユニット曲ありがとう(大声)

嵐ニューアルバム『untitled』通常盤に収録されているユニット曲の詳細が発表されてから。
毎日、翔潤ユニット曲ありがとう歓喜に酔いしれてます。

翔潤氷河期を終え、温暖化に入り、2人が「不仲説」について言及し始めてから約1年。

まさかアルバムでユニット曲をこの2人がやるとはね!!!

絶対Twitterとか見てるでしょ!!!!!

天体観測のくだりからもしやとは思っていたけどさ!!!!!

さては私たちの反応を見てるんでしょ!!!!!

そして手のひらで転がされてる私たちを見てニヤニヤしてるんでしょ!!!!!

2人で 「わーい、思惑通りー!」 なんて喜んでるんでしょ!!!!!

それなら本望です!!!!!(おい)



ただ、ユニット曲収録って、嵐さん初の試みだから戸惑ってることもありまして。

戸惑ってる、というか少し嫌な気持ちになったことがあったというか。

まあメモ程度に書こうと思うんですけど。
マイナスな話題だからちょっとでも明るく行こうかなと思います〜!!!(^_-)-☆

(多分無理)(諦めんなよ)



私は推しコンビ(翔潤)が入ったから喜んでる毎日なんだけど、中には「なんでこのコンビ無いの!?」って猛烈に落ち込んだ人、絶対いたよね。

特に大宮*1は復活を望む声が多かったコンビだし。もちろん他のコンビにもそれぞれ同じくらい大きな期待があっただろうし。

それで、今回のユニット曲発表の際、悲しんだ人もいたんだろうなって思うと、私はこうやって公の場でたくさん喜んでいいのだろうかと悩みはじめまして。


もし今回のアルバムに翔潤が入っていなかったとしても、私は潤くんが絡んでるコンビならどのコンビも大好きだから、歓喜に酔いしれてたと思うんだけど(結局)、

このコンビが好き!!とか、
このトリオが好き!!とかって
好きなコンビが決まってる人は、入ってなかったら相当つらいだろうなって思って。



私の友だちの磁石コンビを激推ししてる子との会話で、

まだユニットが発表されていない頃、私が
「翔潤入ってたら嬉しいな、ワクワクするね」
って話しかけたら、
「でも翔潤入ると、磁石は入らないじゃん。いいよ翔潤は。ユニット曲に磁石入ってないとホントに嫌なんだけど」
って返されちゃって。


普段、こんな感じの発言をする子じゃないから驚きの方が大きかったんだけど、ちょっぴり悲しい気持ちにもなって。

ユニット曲決定してから連絡とってないんだけど、磁石コンビが入らず翔潤が入ったのできっと残念がってるんだろうなと思います。

これで、翔潤マジ嫌いとか言われたらどうしようって心配もしてます。
私のことは嫌いでも翔潤のことは嫌いにならないでください!!!(><)(いつかのAKB)



ユニット曲が発表される前までは、
このコンビならこういう曲調があってるよね!
このトリオならこういう歌割りが期待できるよね!

ってみんなでワイワイ楽しめてたのに、

発表されてからマイナスな言葉が飛び交うようになると、

やっぱり残念な気持ちの方が大きくなってしまって。


常に新しいエンターテインメントの形を与えてくれる嵐の試みを、私たちファンのエゴで下げるようなことになってたらやだなあって。

この一部の批判的な声だけを受け止められて、このアルバムが最初で最後のユニット曲収録になったらやだなあって。


あくまでも私の意見なんだけど、このユニット曲には夢と希望が詰まってると思ってて、

今回のユニットは
大野櫻井相葉、大野二宮松本、相葉二宮、櫻井松本
の組み合わせだったけど、

もしかしたら今後のアルバムとかライブで別の組み合わせを披露してくれるかもしれないっていう期待が膨らむし、

他のユニット曲が見たいって声が高まればきっと嵐ならやってくれると信じてるし、

というか、嵐なら何年もかけて全組み合わせを披露してくれるでしょ??嵐ってそういうグループだったよね???今回の一部のユニットだけとかないよね???ね??(圧)(やめろ)

だから、マイナスな言葉ばかりを並べるんじゃなくて、「今回のユニット曲では私の好きなコンビ見れなかったけど、今度ユニット曲を収録するってなったら入れてくれるよね」って次への期待を高めた方がいいんじゃないかなーって思います。

ユニットだけでも、 櫻葉 磁石 泣き虫 末っ子 大宮 山 天然 じいまご の8通り、
トリオを合わせればもっともっと組み合わせは増えるし(数えるのは諦めました)
今回の『untitled』におけるユニット曲はもしかして20周年に向けた一大プロジェクトの序章...?とか考えたり考えなかったり。

どうせ考えるならHappyな方がいいじゃん??常に前向きで行こうぜ??的な 手越イズム が身につき始めてる今日この頃だから、こんな自己啓発みたいな内容のことばかり書いちゃうのかもしれないけど、意識次第で楽しめるものに変わるなら楽しんだもん勝ちだなって思ってることに変わりはなくて。

となると、今後の展開にも期待をこめて、今回のユニット曲には感謝の気持ちを顕にした方がいいんじゃないかなと。


今回のユニット曲は今回きりだと思うし、もう1度収録します!ってなるとすると何年も後のことになるだろうし。

一期一会とはちょっと違うかもしれないけど、今回は今回で喜ぶべきなんじゃないかなと。

そうと決まれば私が声高らかに言うことはただ一つ。






翔潤ユニット曲ありがとう(大声)

*1:大野二宮

夏メロおこぼれ話.

以前に、"懐メロ"ならぬ"夏メロ" - ゆるまる〜ゆるっとまるっと〜という内容のものを書いたんですけど、

SUMMER TIMEってほんとに名曲なんですよね。(大声)

全然書ききれなかった。ほんとに。ガチ勢ってやつなのかもしれない。NEWSって良い曲多いよ。みんな聴いてね。

なので、ここで書かせてもらおうかなと。

題して、夏メロおこぼれ話〜👏( 'ω' )!!!

この前書ききれなかった分をちゃちゃっと書いちゃおうという中身です☆


軽く前回のおさらい(及び補足)をしておくとすると、

◎SUMMER TIME聴くと(というか夏が来ると)NEWSくんにナンパされたくなる。

◎SUMMER TIMEは私の中で"NEWS4人が海にナンパしに行ってそこから始まる恋愛ストーリー"を歌ってるナンパソング。

◎とりあえずSUMMER TIMEはめちゃくちゃいい夏うた。

ってことくらいかな☆

.......................................................................................

じゃあ、2番の『先取り白い砂浜 今日も君はいるかな?』ってパートめっちゃ可愛いよねって話から始めるね(早速)

あのね、まっすーには『子音のあとに聞こえる母音が可愛いで賞』をあげたいんですよ。(賞のネーミングセンス皆無)

『〜砂浜ぁっ♪』って歌い方がめっちゃ可愛い。母音もちゃんと聞こえつつの可愛さ醸し出しつつの増田貴久ですよ。
だって声と歌い方がワクワクしてる少年感あるのに、歌ってる中身はナンパしてえなって気持ちなんだよ。2人きりになってあんなことやこんなことしたいなって考えてるんだよ。素敵だね。

まず、まっすーは前日のあの花火で女の子を1人ロックオンしてるんすよ。(前の記事参考)

簡単な補足だけど、まっすーは『この恋は脈アリだ!』って確信しないと行動に移せないらしいよ!まっすーって可愛いね!!

で、多分だけど、今回は脈を感じなかったんだよ。目を合わせて微笑んだのに目を逸らされちゃったからさ。まあ、ホントは女の子は恥ずかしくなって目を逸らしたわけだけど、まっすーは嫌われたと思ってるんだよね。(夏の恋にありがちなすれ違い展開)

だから、『今日も君はいるかな?』って期待して海には来るんだけど、いるとは思ってないわけ!
脈アリだったなら2人で来ようと思ってたのになー、くらいのテンションで行ったら!!!そこに!!あの子が!!!いる!!!!!みたいな。

そしてNYAROの
『2人で歩くシーサイド 今日この気持ち伝えたい たとえ叶うことない 恋だって構わない』に続く、みたいな。(続かせないで)

まっすーの場合はナンパなんだけど、どこか運命的な出逢いを感じさせるよね☆*。ナンパなんだけどね☆*。



『ちょっとやばめに触れた指先 君も気付いてる』ってOhYes!なシゲが好きすぎる。

ナンパ苦手だからずっと断ってきたのに『いいじゃん、今年の夏くらい(女の子引っ掛けに)海行こうよ』って(ナンパ慣れしてる)小山さんに誘われて無理やり海に連れてこられて(多分運転係)、全然乗り気じゃなかったのに、そこで出会った女の子に不覚にも胸がドキドキしてるシゲめちゃくちゃ可愛いじゃん!!!(※妄想です)

俺こんな出会いから発展する恋なんて嫌なのに...って心の中ではこの気持ちに猛反対してるけど身体は正直なんだよね!!ちょっとやばめに触れた指先から何かを感じとっちゃってるんだよね!!女の子の方も『あれ...?この人(シゲ)、周りの人たち(他メン)とちょっと空気感違うな...?』って気になってたんだろうね!! この女の子もナンパされるの初めてみたいな、初々しい感じがあってさ!!似た者同士だから惹かれ合う的な!!!夏だね!青春だね!!!(ナンパです)

このナンパソング(呼び方)のラスサビ『夜空を見に 海連れ出せたら』ってとこはシゲの恋を歌ってるんでしょうねえ〜、私には分かるよ。

SUMMER TIMEのいいところは大まかに見るとナンパソングなのに、節々に純愛ストーリーみたいな歌詞が散りばめられてるところなんですよ。

だから、全体的に見ると主人公はユウヤテゴシケイイチロウコヤマ(NEWS内ナンパ慣れ2TOP)なんだけど、この散りばめられた純愛ストーリー部分をつなぎあわせるとシゲになるんだよね。
そしてどちらの要素も取り込みつつ、1番女の子の扱いに慣れてそうなのが増田貴久です。男として強い。



じゃあそろそろナンパ慣れしてる2人の恋の行方でも見ちゃう???(妄想したいだけ)



手越さんは、ほら、前日に好きな女の子に上目遣いで『ちょっと明日も会いたいかも...』ってこっそり伝えてるから、次の日会ってます!!!!(え)

朝1で海に行って、飲み物片手に海の見える遊歩道を並んで歩いてそう。

『昨日の花火楽しかったよね〜』っつって。
『俺と〇〇ちゃんがじゃんけんに負けて買い出しに行くとは思わなかったよね〜』っつって。(実は前日、既に2人きりの時間があったという事実)

他愛もない話から始めてのんびりした時間を過ごして。
で、目をまっすぐ見つめながら告白してくれる。
『俺...一目惚れとかあんま信じないタイプなんだけど、〇〇ちゃんのこと好きだなって』っつって。

どーせ帰る頃には手を繋いだまま同じ歩幅で歩いているんでしょうね!!!
OK出したんだね、彼女ね!!!そりゃ出すよね!!

最高の波が来てるね!!!だいぶ駆け足で攻めたね!!!確かに2人はミラクルでしたね!!!

そんな夏が待ち遠しいよ!!!!(もう終わったわ)



『夢見るキミと未体験Zone 』
って、あれ...これもしかして小山さん...前日お持ち帰りした...?(あかん)

あ、別にいやらしい意味のお持ち帰りじゃないよ!ただ単に、夜を過ごしたのかなってだけだよ!(訂正の勢いがすごい)

昨日の段階で小山さんは女の子落としてるんだよね。他メンは前日に狙って、次の日にかける、みたいな方法取ったのに、小山さんは初日から女の子を自分のモノにしてるんだよね。さすがだよね。(妄想です)

とりあえずこの2人は共に1夜を過ごしてます。何してたかまでは書かないけど。お酒飲んで楽しく過ごしたんじゃないのかな。詳しくは書かないけど。
で、朝になって、『じゃあ...もっかい海行く?』みたいになって。

まあ『行こう内緒のPrivate』ってことだよね。(こじつけ)

で、小山さんの運転で海行って、砂浜できゃぴきゃぴしたい。(願望)

まっすーと海を眺めながら軽く談笑して、別れ際に波打ち際歩きながら告白されたいじゃん。
シゲと不意すぎる出逢いにお互いドキドキしつつも、夜空を見に行きませんかって誘われたいじゃん。
てごとは最初から散歩みたいなノリで海の近くを歩いて、彼女ヅラしながら手を繋いで帰りたいじゃん。

だから、小山さんとは砂浜に大きな相合傘とか書いて、『見てー!〇〇と俺の名前書いてきた!』とかきゃぴきゃぴしたい。(謎の接続詞「だから」)

とりあえず小山さんとはきゃぴきゃぴしたい。ひと夏の恋をするなら小山さんが1位なんで。夏は思いっきりきゃぴきゃぴして、冬に『あー、いい想い出だった!』って思い出しながら彼氏の慶ちゃんと鍋をつつきたい(ひと夏の恋じゃねえのかよ)

いや、だってさ、慶ちゃんの愛ってすっごい重いからさ、私はひと夏でもいいかなくらいのノリだったんだけど、慶ちゃんが『ずっと2人でいよう』って言ってくるもんだからさ.../////うちの彼ピッピほんと私のこと大好きなんだから.../////

とか言いたい。言ってみたい。

.......................................................................................


は〜、書けてスッキリした!!!!

やっぱりこうやって見ると夏はナンパの季節だよね!(違う)


だから、NEWSくんはナンパしててほしい。たくさんの女の子たちをひっかけててほしい。私のこともひっかけてほしい。(ここ重要)


NEWSくんがナンパしてくれる海はどこにありますか!!!!全力で向かいます!!!!




と、まあこんな記事を9月の後半戦に入って秋が近づいてきてる頃に書いてしまったけども☆

私まだNEWSにナンパされてないよ?☆
今年の夏は海にすら行ってないもん☆

ってことでまだまだ夏は終わらないよ☆

(永遠に終わらなさそうな予感)

ありがとうの想いを伝えたいよ、そっと嵐の元へ。

嵐の皆さん、結成18周年おめでとうございます☆*。

正直数え方がよく分かってなくて(ごめん)
18周年?それとも19周年目?
とあやふやではありますが、

智くんが『結成して18年!』とコメントしてたので、18周年のお祝いとさせて頂きます(^_-)-☆


で、このアニバーサリーに何を書こうかと考えた時、私が嵐に出逢った日のことを書こうかなーと思いまして。

潤くんBIRTHDAYでも書きましたが、私は道明寺経由で松本潤くん知り、潤くんを入り口に嵐を知ったので、かれこれ8年くらい前の話になるんですよね。

おそらく、だらだらした長文になるんだろうって予測が立てられるんだけど、嵐は私の中で偉大な存在なんだってことが伝わってくれたら嬉しいな、と思います。



嵐がデビューして6年経った2005年。

TBSで放送された『花より男子』の道明寺司に惚れました。

幼いながらにも、道明寺の不器用で真っ直ぐな優しさと時折魅せるドSな1面にやられたんでしょうね。この時の私まだガキんちょなのに伊勢海老踏んだ男に惚れるって。我ながらどうかしてるなと思います。

幼い子どもたちに目ヂカラ120%くるくるパーマ坊ちゃんの魅力なんて伝わるわけもなく、私の周りは圧倒的に花沢類派。母も花沢類派でした。
『昨日の花男見たー?道明寺がさー...』
「いや花沢類だろ」って会話を毎回してました。
道明寺がつくしと結ばれた時、私1人だけが『きゃああ道明寺おめでとう、つくしおめでとううう//』ってお祝い気分だったことも覚えてます。(他のみんなは『何故道明寺を選んだ!?』と猛反対)(みんなは花沢類派だから)

この時の私は(何度も言うけど)幼いので、誰が演じてる、っていう概念がないんですよね。
だから、道明寺司演じてるの誰!?松本潤!?めちゃくちゃイケメンだな!?って感じじゃなくて、は〜〜〜、道明寺司まじイケメーーーン☆って感じでした。ドラマ放映期間中ずっとこれ。初めてドラマを真面目に見たのも多分これが最初だと思います。

幼い私を虜にした道明寺司(を演じた松本潤)ってホント罪な男だな!まずこの時の出逢いに感謝!!!



2年後の2007年。

道明寺司愛が再熱(リターンズ)。

周りのみんなが少しずつ道明寺の魅力に気づき始めたことが嬉しくて、心置き無く『昨日の道明寺かっこよかったー♡』と言えるようになりました。母は花沢類派でした。

道明寺との出逢いから2年経ってますが、この頃の私も『道明寺司』を好きであって、『松本潤』を好きだったわけではないです。なぜなら、まだ概念が存在していないから。(遅い)
あのかっこよかった道明寺が帰ってくるだって!?見なきゃ!!!って気持ちに駆られて見てたことを思い出してます。そしてあの頃の私に言ってやりたい。その彼は将来、私の人生の半分を捧げる相手になるんだよと。(愛が重い)



そして翌年の2008年、道明寺がファイナルになると聞いて驚く。え!もうこのイケメン拝めなくなるの!?まじ無理!まじ卍!って。

私の中で道明寺をファイナルにしたくなかったので、演じてる俳優について調べ始め、そこでようやく松本潤を知りました。
主題歌を歌ってる人たちが『嵐』というジャニーズグループであることもそこで知り、松本潤はその嵐のメンバーであることもこのタイミングで知りました。

でも嵐見た時、『あれ、この人たち知ってるな』ってなったんすよね。

山田王子と御村王子*1道明寺司に次ぐ憧れの男子高校生だったし、動物園のイケメン飼育員さん*2もいたし。
ただ、大野智を認知したのは嵐を知った直後、黒髪弁護士成瀬様*3と出逢った時で、『あー!!!嵐の人だ!!!!えっ...めっちゃかっこよくね?』ってなったことを覚えています。ドラマの内容は覚えてないけど。(当時の私には重すぎる内容で見ることが出来なかった)

でもこの時もまだ『へー、嵐ってグループかっこいいなー』って思うくらいで、今みたいに『嵐!!!最高!!!ふぉう!!!』って感じではなかったかな。

でもまあ、この頃から曲を聴き始めたし、歌番組も見るようになったし、バラエティ番組も見るようになったし、ドラマもチェックし始めたし、なんなら10周年を迎えたあと、5×10(MV集と国立ライブ)のDVD買ったし...
ってお金と時間をかけ始めたのはこの頃からけど、今ほど酔いしれてた記憶はないです。



私がここまで嵐に心酔するようになったのは、『マイガール』を歌番組で披露したあの日から。


当時の私は、生きる理由が見つからなくて人生のどん底に落ちていました。文字にするとトンデモなく暗い人間だね!しかも2009年って私まだまだ子どもなんだけどね!人生のどん底に落ちるの早すぎるぞ私!!!(大声)

まあ色々あったんですけど(笑)、とりあえず毎日が楽しくなかったです。あの頃の私がいちばん暗かったし、色んなことを考えたりもしました<>(笑)(笑)に隠された私の暗い過去)(詳しくは聞かないでね☆)

で、人って落ち込むと何も手につけられなくなるもんで、嵐のことなんて頭の片隅にもありませんでした。毎日観ていたDVDは棚の奥に仕舞われていたし、テレビを見ることも無くなったし。

生きる屍みたいな生活を送っていたある日、たまたま、ほんとにたまたま、歌番組が流れていて、そこで披露されてたのがマイガールでした。

久しぶりに見た嵐の姿はキラキラ輝いていて、かっこよくて、暗かった私の人生に光が差したように思えました。


『優しさに触れる瞬間(トキ)が 幸せへ導いていく』
もしかしたら私はまだ多くの人間の優しさに触れてないから、幸せを感じられてないんじゃないか

『微笑む声 重ねたなら 僕らはほんのちょっとずつ 歩いて行ける気がした』
最近笑っていなかったから、今の私は立ち止まってるんじゃないか


歌詞のひとつひとつが心に刺さって、その日はお風呂の中で号泣しました。

この世界にはたくさんの"幸せ"があるんじゃないか
この世界に愛想を尽かすのは早過ぎるんじゃないか

嵐なら素敵な世界を見せてくれるんじゃないか
嵐なら信じて付いていってもいいんじゃないか

こんな私にも光を灯してくれた嵐なら、

私の心の支えになるんじゃないか。

そんな想いが私の中を駆け巡って嵐に付いていこうと決めました。



と、まあここまで何年も前の記憶を辿って、漫画みたいな展開のストーリーをつらつらと書き連ねてきましたが、
記憶は記録と違って、自分の感情が入ってしまい、思い出す度に美化されていくものなので、この出逢いが定かなのか自分でもよく分からないというが本音です。

ブログを始めて最初の記念日ってこともありますし、もしこの出逢い方が本当だったら嵐には感謝してもしきれないので(まあ常に感謝してるけども)、記しておこうかなーって。

...

あー、ここまで書いてきたけど、なんかちょっぴり切ない気持ちになっちゃった。笑。

今でもマイガールを聴く度に涙ちょろりしちゃうんだよね(><)

歌詞が温かさすぎてさ(><)火傷しそうだよね(><)

ありがとうの想いを伝えたいのは私の方だっていうのに(><)


嵐さん、いつもたくさんの幸せをありがとう。

誰にも真似出来ないパフォーマンスを披露してくれる嵐が大好きです。

常に第一線を走り続け、私たちを引っ張ってくれる嵐が大好きです。

時に私たちの期待を超え、想像も超えてくれる嵐が大好きです。

ファンのことを想い、演出という形で嵐の魅力を引き出してくれる松本潤くんが大好きです。

常にアンテナを張り巡らし、全てを嵐とファンに還元してくれる二宮和也くんが大好きです。

太陽ような笑顔で嵐を照らし、優しさでファンを包んでくれる相葉雅紀くんが大好きです。

嵐のことを中心に考え、時に力強い言葉でファンを安心させてくれる櫻井翔くんが大好きです。

誰よりも嵐を愛し、誰よりもファンを大切にし、多くの幸せを与えてくれる大野智くんが大好きです。

いつも『ありがとう』の気持ちを伝えてくれる嵐が大好きです。

これからも嵐を応援し続けます。
これからも嵐に付いていきます。

19年目も、共に、未来へ。


2017.09.15 さま

*1:山田太郎ものがたり

*2:天才志村どうぶつ園

*3:魔王